ザクザク手縫いでOK!ミナペルホネンのはぎれブローチ




東京の友達が送ってくれたミナペルホネンのはぎれ。  

 

勿体なくて使えなかったけど、使わない方がもったいない!ということで今回は娘用にブローチを作りました。  

 

学校で習ったなみ縫いと返し縫いくらいしかできない、決して裁縫が得意とは言えない私ですが、面倒なところはボンド&ザクザク縫うだけの簡単な作り方です。  

 

※写真にはミナペルホネン以外の布も写っています

 

ブローチの作り方

はぎれの他に今回使ったものはビーズ・フェルト・革のはぎれ・手芸用ボンド・ブローチピン。

革はなくてもOK、ほとんど100均で揃います。      

 

端の処理は両サイドにボンドをつけて5mmくらい折り返します。

布は写真のように四角じゃないものでも大丈夫です。    

 

 

ボンドをつけたところを両端にして、処理をしていないところを重ねて半分に折ります。

(写真撮り損ねて布が変わったので分かりにくいですが)  

 

 

輪じゃない方の、二枚布が重なった上のところをなみ縫い&キューっと絞ったらOK。

 

 

他の布も同じようにボンドで端の処理を&なみ縫いを繰り返します。

 

布の大きさはバラバラで大丈夫、むしろその方が可愛いかも。    

 

 

後からつけるビーズを合わせてみて調整、布の部分はもう少しボリュームを出してもいいかな。

 

小さめの布を加えて、重ねたり合わせながら好みの雰囲気になるように。

 

 

こんな小さなハギレも端をボンドでペタリ。

 

これは小さいので半分にはせず、このまま縫うのに使います。    

 

 

小さなチュールのハギレを加えてみたり。      

 

 

縫い目隠し&ポイントにビーズを付けます。

 

たまたま大きいビーズがあったのでこれを使いましたが、小さいものを組み合わせてもOK。

 

 

縫い目が隠れるくらいの大きさ+もう一枚同じ大きさのフェルトをカットしておきます。

 

私は見た目のこだわりで革を使っていますが、硬くて針が刺しにくいのでフェルトを使うといいと思います。

 

 

ビーズを付けて好みの雰囲気に仕上げていきます。    

 

 

写真撮り忘れててこれは仕上げ段階の写真ですが、革(もう一枚のフェルト)にブローチピンを付けておきます。

ヘアゴムにしたい場合は、切り目を入れてゴムを通してもOK。    

 

 

縫い目を隠したい部分のをフェルトと革で挟み込んで、二枚を縫い付けていきます。

 

 

ここではずれないように縫っていくのがポイント、綺麗に仕上がります。  

私は二枚を縫い合わせた後にビーズやスパンコールを足してみました。

 

 

完成ー!

 

ヘアゴムやバレッタにしても可愛いかも。  

 

まだ端切れが残っているので次は何作ろかなー。      

 

 

 

 

記事中の写真はソニー α6400のカメラを使用しています。

haretokenohi.com


ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。