6歳に選んだ図書館の本 春の植物や星空のお話

宮崎の春はどこへ行っても花がいっぱい!

 

娘は花を見るとプチプチ摘んで「押し花にするか飾って!」と私にプレゼントしてくれます。

 

河川敷や道端に咲いている野の花はすごく可愛らしいけど名前も知らない花って多いなぁと、そんな私たちにぴったりの絵本を発見!

 

最近興味がある星空の話など季節を感じるものなど、図書館から4冊借りてきたのでご紹介します。

 

野の花えほん 春と夏の花&秋と冬の花

よく見かける身近な花がとても読みやすく書かれています。

 

 

何より絵がほんわかしていて好き。

 

 

毒があるとか手が荒れやすいから注意とか、昔おばあちゃんに教えてもらったようなことが書いてある。

 

ちょっとした遊び方なんかも載っていて、図鑑ほど堅苦しくないのも良い。

 

「からすのエンドウじゃなくて、よく似てるけどもっと豆が小さいの見つけたよ!」と子どもに言われて「なんだろ?」と思ってたら、からすのえんどうの横にその仲間も描いててくれるきっちり感。

ちなみに小さな豆はすずめのえんどう。

 

絵はふんわり&読み仮名付きで優しい雰囲気を出してるけど、名前の由来とか食べ方を教えてくれたりとか内容が充実してる。

 

秋と冬の花バージョンもあるので、普通に咲いている野花はこの本2冊あれば網羅できそう。

 

痒い所に手が届く内容がかなり気に入っているので、うちでも購入予定です。

 

 

おススメ年齢:4歳くらいから

 

プラネタリウム春の星空案内

ちょこちょこ科学技術館のプラネタリウムに行ったり、先日も星空観察会に行ったりして星に興味が出てきた娘。

 

すごく良いことなんだけど、私はそっち系にはめっぽう弱く…。

 

うちにも星関連の本があるけど図鑑っぽくなってるのが苦手で、私はあまり読んでやれずにいました。

 

でもこの本は全ページ星の写真+星座の説明が分かりやすく書かれていて、しかも読みやすい!

 

1ページごとに星座の説明があるけど、情報量が多くないので6歳児にも難しすぎない丁度よさ。

 

どの写真も綺麗だし、これは私でも寝る前の読み聞かせしやすい一冊です。

 

 

おススメ年齢:6歳以上

切り紙昆虫館(きりがみこんちゅうかん)

実は6歳にはちょっと難しい一冊。

 

折って切っての作業が結構細かいし見本の紙も厚紙と一緒に切って使うので、作ろうと思ったらコピーする作業からやらなきゃいけないのがネック。

 

それでも繊細な切り紙遊びはアートで面白いし、紙を開いた時の感動はなかなか!

 

虫の体の仕組みを一緒に観察しながら遊べるし、こういう細かい作業が好きな私には子どもと一緒に作るのが楽しい一冊でした。

 

 

おススメ年齢:6歳以上

 

 

 

記事中の写真はソニー α6400のカメラを使用しています。



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。