入れるだけ簡単!子どもと一緒に日向夏シロップづくり




スーパーなどの店先で日向夏を見かけるようになると初夏だなぁと思う今日この頃。

 

柑橘類が大好きなうちの家族から日向夏ジュースが飲みたい!とシロップ作ってコールが出たので、娘と一緒にやってみました。

 

皮をむいて砂糖と一緒に入れておくだけなので、作業はとってもシンプル。

 

それでも自分が作ったシロップは格別なんじゃないかな。

 

日向夏シロップの作り方

私が見たレシピには日向夏5個に対して砂糖+はちみつ大匙5と書かれていたけど、今回は日向夏5個+きび糖100g程度+はちみつ少しで漬けてみました。

 

 

 

日向夏の皮を剥いて、くし形にカット。

 

よく煮沸消毒した瓶でと書かれていますが、私は耐熱温度が100度以上のタッパーに熱湯注いでシャッフルするだけのズボラっぷり。

 

 

水気をしっかり拭き取ったタッパーに日向夏を入れる作業は娘の担当。

お砂糖と交互にね。

 

 

最後に入れたはちみつは余っていたものが大匙2もあるかな、くらい。

 

 

日付を書いたら、2週間から10日ほど待つだけだって!

 

 

暑い日があったから心配になって途中から冷蔵庫に入れたので砂糖がまだ少しだけ溶けきってないけど、9日ほど経ったところで味見。

 

炭酸水と割ってシュワシュワーっと甘くておいしい!

だけどもっと酸味があってもいいな、次回はレモンを足して作ってみよう。

 

 

 

それとシロップを作った時に余った皮は日向夏のマーマレードにしました。

 

 

刻んで水につけて、と簡単だったレシピはクックパッドから。

 

これも水につけて揉み洗いする作業は娘にお願いして、火を使うところだけ私がやりました。

 

 

水分飛ばし過ぎたのかジャム感がない仕上がりになったけど、娘がちょこちょこ手を伸ばして食べるので味はバッチリだったみたい。

 

 

 

細かく刻んでチョコレートをパン生地に練りこんで焼いてみたところ、風味がよくてすごくおいしいー!

 

ちなみにこれ、はさみでカットしてハリネズミのつもりです。

 

 

作り始めから焼きあがりまで1時間あれば十分な簡単パンのレシピはゆーママのレシピ本から。

ズボラな私でも作れるレシピなので、パン作りはこの本ばっかりです。

 

 

パウンドケーキも作ってみたよ!

 

 

 

記事中の写真はソニー α6400のカメラを使用しています。

haretokenohi.com


ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。