西都花まつり2019 菜の花と桜が絶景の西都原古墳群 

写真を目にするたび、いつか見てみたいと思っていた西都原古墳群の菜の花と桜。

 

今年は30日・31日がお天気もいいし、西都花まつりがあるということで娘と遊びに行ってきました。

 

暖かくて天気が良かったので多くの人で賑わっていた花まつりですが、駐車場も待つことなくとめられ、このイベントの規模の大きさを初めて知りました。

 

西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)西都花まつり2019

西都原古墳群に広がる、目が覚めるような黄色とそれを囲むような淡いピンク色。

 

3月30日(土)撮影。

 

 

菜の花が最高の咲きっぷり、桜は満開までもう少しだけどお花見をするには十分なくらいの開花でした。

 

 

鮮やかな景色を前に解放感なのか、急に走り出す娘。

 

 

走って走って古墳の方へ。見た目以上に急な坂になっている古墳を登れるか、二人で登っては滑り落ちて大笑い。

 

こんな自然に古墳などの歴史が身の回りにあったり、古墳を遊び場にしちゃうなんてまたひとつ宮崎の良さを感じました。

 

古墳の上からは360度周りを見渡せて、とっても気持ちの良い眺め。

 

 

最近、芝の坂道を見たらお尻で滑る娘。この日もやりそうな気がしてデニム履かせてて良かった!

 

 

菜の花畑をひとしきり堪能したところで屋台の方へ。

 

 

金魚すくいは金魚を持って帰らないという約束で掬うだけね。

 

 

おっと残念、惜しかったね!

 

そして金魚が一匹も救えず、ふくれる娘。

 

かき氷を我慢する代わりに娘がどうしてもやりたいと言ったのはおもちゃの魚つり。

 

仕方ないなーなんて、いつもより甘くなっちゃうのはお祭り効果かしら。

 

コップ一杯になるまで磁石の釣り竿で釣り放題!

 

どんどん磁石にくっついてくるので面白いくらい釣れるんだけど、コップ一杯になって満足したらリリースするシステム。

 

 

リリースしたらあらかじめ魚がいくつか入っている、金魚すくいの袋をおじちゃんに貰います。

 

 

光る魚が入ってるのを見て、さっきの金魚すくいの時のふくれっ面はどこへやら。

 

 

冷たいものが食べたくなるほど、半袖で良いくらい暖かかったお花見日和の一日。

 

 

ふわふわや大道芸など子どもが喜ぶものがいっぱいのお祭り、楽しかった!

 

 

道路沿いからでも十分、桜と菜の花のコラボが楽しめるのでドライブスルーもありかも。

 

 

■西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)西都花まつり2019

平成31年3月27日(水曜)から4月4日(木曜)
※3月30日(土曜)、3月31日(日曜)はステージイベント

場所 宮崎県西都市西都原古墳群

時間 10:00 -21:45 (日-木は20:45まで)

 

 

記事中の写真はソニー α6400のカメラを使用しています。

[itemlink post_id=”5860″]



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。