隠れ家茶房あらしだ 国富町のほっとするごはん

国富町の直売所、式部の里に行こうと思った日のこと。

 

行く前にお昼ご飯をということで、先日綾へ向かう途中に見かけた「隠れ家茶房あらしだ」の看板を思い出しました。

 

国富の緑に囲まれた、息を深く吸い込みたくなる場所にある「あらしだ」は、野菜を中心とした肉・魚とバランスの良い和食のお店です。

 

 

隠れ家茶房 あらしだ

宮崎市内から綾に向かう途中、県道17号沿いの看板がある道を入り、進んでいくと長閑な景色が広がります。

 

 

隠れ家茶房とある通り、お店は山や畑に囲まれた緑の中に溶け込むようです。

 

 

 

100年を越えた古民家を移築したということで、静かに温かく包み込むような雰囲気。

 

 

お店に入ると、その温かさや懐かしいような気持ちを一層感じます。

 

 

うちよりも小さな子供連れのお客さんがいましたが、テーブルに置いてあった石をにぎにぎ、お行儀よくご飯を食べている様子が可愛くて。

 

うちの娘も大きな木のテーブルの触り心地が良いと、テーブルの縁をすりすりしていました。

 

 

お店というより人のお家に初めて来たような、ちょっとモジモジする感じがあるから子どもも思わず正座しちゃう。

 

 

だけど縁側からの日差しや丸っこい石の手触り、木のぬくもりなどが心地よいお店です。

 

 

あらしだのランチ

ランチメニューは3種類。

 

 

 

初めて行った日はおまかせ膳(1620円)を注文しました。

 

子供用のお弁当でも量がしっかりあるというので娘のメニューに悩んでいたら、おにぎりを握ってもらえることに。

 

食べやすいように小さなおにぎり3つ。娘も喜び、とても有難かったです。

 

 

おまかせ膳の前菜のメヒカリが骨までサクッと。

 

お刺身の漬けは娘に食べられちゃった。

 

 

煮物は優しい出汁の味がしっかりと沁み込んでいて、焼き魚もふんわり美味しい。

 

 

野菜とお肉のお団子の天ぷらもサクサクで美味しくて…やっぱり娘が食べちゃう。

 

味も量も優しく、女性や年配の方に人気のありそうなお料理です。

 

 

コーヒー・デザートを頂きながら、娘にはもう子ども用のお弁当にしたらよかったかもね、と。

 

 

 

別の日には平日のみの日替わりプレート(918円)。

 

 

一緒に行ったお友達とおにぎりもう一個食べたくなるね!と話した、ほっとするご飯。

 

 

 

夜のコースは完全予約制ということです。

 

記念日・祝事・法事などのお弁当や会席膳についてはHPを。

 

 

 

ランチタイムがちょうど少し落ち着いたころ、玄関先で少し女将さんとお喋りしました。

 

このお店、10年になるそうです。

 

 

雰囲気が良く、家族や女性同士のランチにおススメです。

 

静かな古民家に明るく輝く、笑顔の素敵な女将さんのファンも多いだろうなと思った素敵なお店でした。

 

 

隠れ家茶房 あらしだ(かくれがさぼう あらしだ)

宮崎県東諸県郡国富町嵐田554

tel 0985-75-6755

お店の場所:生目の杜より約10分。県道17号線沿いに看板が現れたら小道に入り、次の看板を左折してつきあたり。

営業日・時間など食べログでcheckする



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。