細巻きができればOK!くまの巻きずしを作ってみよう

巻きずしといっても今回は酢飯を使っていないので、巻きおにぎりと呼んだ方が良いでしょうか。

 

ちょっぴりやる気が要りますが、子どもが喜ぶこと間違いなしのくまの顔の巻きおにぎり。

 

混ぜご飯にする具は子どもが好きなものを使って、可愛いくまの顔を巻いてみませんか。

 

準備するもの

  • ご飯300g
  • 醤油
  • 鮭フレーク
  • 巻きずし海苔 2枚
  • 巻きす
  • エンボス手袋
  • 計り

 

巻きずしの基本、カットの仕方などはこちらの記事も参考に。

 

作り方

①海苔を3等分して切っておく☞耳と口になる

 

 

②海苔を2/3と1/3の大きさになるよう、切り分けておく☞2/3の海苔が顔の輪郭になる

 

 

③約40グラムのみ白ご飯のまま残しておき、残りのご飯は鮭フレークやおかか&醤油などで茶色っぽい味付けご飯にする。

 

 

③のご飯を下記の分量に分けておく。

  • 白ご飯 40g×1つ☞口
  • 味付けご飯 40g×2つ☞耳
  • 味付けご飯 150g☞顔

 

 

④40gの白ご飯を1/3海苔の端に細長く置き、巻いていく。(巻き終わりのぴらっとしている海苔が下になるように置いておく)

 

⑤味付けご飯(40g)も1/3海苔で、④と同じように2本巻いておく。

 

 

同じ大きさの細巻きが3本完成。

 

 

⑥2/3海苔を巻きすに置き、味付けご飯を海苔の真ん中に広げておく☞顔になる部分

 

 

⑦口を置く所を指で少しへこまして溝を作っておく。

 

 

⑧溝の部分に④の白い細巻きを置いて、味付けご飯で包み込む。

 

 

⑨巻きすで丸く整えながら、顔を作る(写真は顔の上下逆の状態)

 

 

⑩ご飯が端からはみ出たら軽く押さえて、海苔の端を下にして置いておく

 

顔に耳を付けてみると完成イメージが見えてきます。

 

⑪顔と耳が同じくらいの長さになるようカット。

 

 

⑫顔に耳をセッティングしながらお皿に並べていく

 

 

⑬濡らしたつまようじの先でゴマや海苔を付けて、顔のパーツをつけていく。

 

 

娘のリクエストで一部、くまのがっこうのジャッキー風にしてみました。

 

 

海苔パンチを使うと簡単に表情がつけられて、持っておくとかなり便利です。

 

 

 

 

巻きずしはあまったら海苔ごと刻んで炒飯にしてしまえばOK!

 

細巻きさえできれば組み合わせるだけの簡単巻きずしレシピです。

 

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。