木城えほんの郷(えほんのさと) 木城町石河内

金曜日の幼稚園の帰り、バッグに温泉セットを押し込んで木城町に行ってきました。

 

娘を連れていきたかったのは木城えほんの郷とピノッQパークと木城温泉湯らら。

 

幼稚園お迎え14時からの約1時間のドライブで到着は15時過ぎ、まずはえほんの郷を目指しました。

 

 

木城えほんの郷(きじょう えほんのさと)

木々に囲まれた中にあるえほんの郷は、ゆったりと静かな時が流れていました。

 

 

敷地が広くてどこに行けばよいか分からず、まずは受付でえほんの郷について聞いてみることに。

 

 

敷地の中には森のきこり館、入場料がかかるえほん館やコテージなどそれぞれ施設があるとのこと。

 

 

本屋さんとカフェが入っているということで、まずは受付の目の前にある森のきこり館に入ってみました。

 

 

ドアを開けると、そこに広がっていたのは小さなカフェと沢山の絵本。

 

 

まるで図書館のようにズラリと並んだ絵本に、興奮が止まらない私たち!

 

 

子どもの目の高さにあるので、あれもこれも手に取って読みたくなってしまいます。

 

 

本も見たいけどカフェのケーキも気になる。

 

 

 

ケーキセットは500円とリーズナブル。

 

お店の方はケーキがなかなか決まらない私たちの事も、ニコニコと待ってて下さるような優しい方でした。

 

 

 

娘はチーズケーキ。

 

 

私はお芋のケーキとオレンジジュースを。

 

分けっこしながら、どっちも美味しいね!と娘と穏やかなお茶タイムでした。

 

 

 

ケーキを食べ終わった後、また絵本を見ながら赤ちゃんの時に読んだ本を懐かしんだり、気になる本を開いてみたり。

 

 

何だか居心地が良くて、いつまでも居たくなる場所だなぁ。

 

 

 

木々の小道を抜けて、森の中にあることに驚くほど立派な建物は森のえほん館。

 

 

年間を通して絵本に関する企画をやっており、世界の絵本約2万冊や絵本原画を展示しているそうです。

 

えほんの部屋から広がる森のステージではコンサートや演劇のイベントも。

  • 入館料 大人500円・小中高生300円 ※特別展・企画のときは別料金
  • 開館時間 10:30-17:00(最終入館16:30まで)
  • 休館日 毎週月曜日(ただし祝日のときには翌日休館)

 

 

 

森の芝居小屋・水のステージ

ゆっくりと水車がめぐる森の芝居小屋は、展示室をはじめ、ひとり芝居やミニコンサートなどの公演や絵本を使った料理教室や手づくりあそびができる、休日に楽しめる場所。

 

 

芝居小屋の前には可愛らしい車!

 

 

冬の澄んだ空気の中、ここから見える風景に感動した水のステージ。

 

 

山に囲まれた景色は本当に美しく、底まで見える水の透明度の高さにも驚きました。

 

 

暖かくなったら魚釣りや星を見る会、虫の音を聞く会など、楽しい企画が開催されるそうです。

 

 

その他にも森の中にある宿泊施設、森のコテージではめいっぱい自然を探索したり小鳥の声で目を覚ますことができそう。

 

ここに居るだけで心が穏やかになる、えほんの郷。

 

暖かくなったらコテージを利用して、めいっぱいえほんの郷を楽しんでみたいと思うような場所でした。

 

 

木城えほんの郷(きじょう えほんのさと)

884-0104 宮崎県児湯郡木城町石河内475

tel 0983-39-1141

開館時間 10:00-17:00(最終入館16:30まで)

休館日 毎週月曜日(ただし祝日のときには翌日休館)

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。