綾町くるりカフェ

綾にあるお店はどこも緩やかな時間が流れている感じがします。

活気がないわけではないけど、ざわつく感じもなく。普通にそこにある川の水が澄んでいたり、緑が青々としていたり。

そんな自然の中にあるせいか、くるりカフェは入った瞬間から柔らかな空気を感じるお店です。

水曜日に行けるお店 くるりカフェ

カフェ店舗は水曜日のみ、ということで水曜日。

立町カフェでランチした後、くるりカフェに向かいました。

宮崎市から綾町へ向かうと綾町役場を右手に通り過ぎ、蕎麦処まるの近くにあるくるりカフェ。

古民家カフェというのにぴったりなドアを開けるとテーブルがひとつ、優しい笑顔のお店の方が迎えてくれます。

13時前でしたがベーグルは全てsold out!

やっぱり人気なんだなあと思いましたが、ちょうど席が空いていたのでコーヒーを頂くことに。

古いけれどきっと大切に使われているんだろうな、と思うお店のあちこち。

ひとつひとつ、丁寧さを感じるお菓子を眺めていると温かい気持ちになります。

一緒に行った先輩とカフェオレ飲みながらドライ苺とクリームチーズのスコーンを半分こ。

温められたスコーンからふわっとバターの香りがして、甘酸っぱいドライ苺がクリームチーズとぴったりで美味しくて。

初めて行ったのにお店の方のふわっとした人柄につい話しかけてしまい、小さなカフェスペースに笑顔があふれ、私たちのお喋りも弾むのでした。

おみやげにも

娘へのお土産にスコーンを2つとバナナパンを買って帰りました。

娘と公園に行って食べようと思っていたバナナパン(240円)

公園で娘が泣いてしまうことがあったのですが、バナナパンを口に入れてやると「…おいしい」と言って笑いました。

なんか、こういうのって嬉しいな。

スコーンは家に帰って温めてから頂きました。

残りは明日の朝のお楽しみにしよう。

くるりカフェのベーグル

お店で買えなかったベーグルですが、翌日(木曜日)ひゃくしょう市場で買うことができました。

(この記事の後、ひゃくしょう市場への出店は終了してしまいました)

ひゃくしょう市場は10時からと書いてあったのですが、10時前には既にお客さんがいたので早めに着いて良かったかも。

お店の方も覚えてて下さって嬉しかったものの、連日お会いしてちょっぴり恥ずかしいやら…

まだ種類も多く選べたので私は4つ、お友達に3つ買いました。

真ん中もチーズたっぷり、玄米ダブルチーズ(200円)

ココア生地にすっきりし甘みのチョコを包んだ、ダブルチョコ(190円)

抹茶くりちーあずき(240円)

ちょんと乗ったドライいちじくが可愛らしい、いちじくのベーグル(190円)

ベリーベリー。

プレーン(150円)は赤ちゃんのお肌みたいにすべすべもちもち。

ちょっと味見しよ、とオーブントースターで温めるとぷつぷつと表面が焼けてきた。

一口食べたらカリっともちもち、噛むほど小麦の甘さが広がって美味しい!

もちろん味見で済まず、一個食べてしまいました。

こんなに美味しいと思ったベーグルは初めて。

早く食べて欲しくて、すぐさまお友達のところに届けに行きました。

お店の方に聞くと、朝3時からベーグルを作り始めるそうです。

優しい笑顔のお店の方から受け取ったベーグルを手に、冬は特に空が暗くて寒い中どんな気持ちで作るんだろうと考えました。

そしてまたあのふんわり温かいお店に行こうと思いました。

■くるりカフェ

宮崎県東諸県郡綾町大字南俣745

tel 090-8725-6598

駐車場あり

くるりカフェについて食べログインスタをcheckする



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。