えびの高原アイススケート 宮崎の冬を遊ぶ えびの市

アイススケートのテレビを見るたび、娘がスケートに行きたいと言うこと2年目。

5歳だしそろそろ大丈夫かなと週末にえびのへスケートに行ってきました。

 

えびののスケートと言えば10年位前に遊びに行ったきり。

 

久しぶりすぎて道路の凍結とかスタッドレスないけど大丈夫かな、何持って行くんだっけ?など心配ばかり。

 

何より私も夫も滑れない事が不安でしたが、思ったよりも気軽にスケートを楽しむことができました。

 

 

アイススケートに準備するもの

スケートを滑る為に必要なのは大人も子供も3点だけ、意外と身軽です。

 

  • 手袋(安全のため手袋の着用は必須)
  • 帽子かヘルメット(娘には自転車用のヘルメット持って行きました)
  • 貸靴(630円)

 

私たちが行った日は雪も降っていないし比較的暖かかったので、普通の恰好にダウンジャケットとちょっと寒い日に着るような恰好でOKでした。

滑っていると寒さを全く感じないのですが、1時間ほど待っていた夫は結構寒かったようです。

 

転んだりすると濡れるので、着替えは持って行くのをおススメします。

 

すぐ近くの国民宿舎に温泉があるので、そういった意味でもタオルと着替えを準備しておけば、遊んだ後に温泉に入って帰れるので良いですよね。

 

イメージはスイスイ―!

入場料を払ったらまずは靴を借りて、履き替えます。

 

紐をあまくしていると骨折しやすくなるのでしっかりと締めること。

 

 

手袋とヘルメットを身に着けて、さあリンクへ。

娘がテレビで見ていたリンクの上をスイスイ―と滑るイメージ!…とはほど遠く、最初は怖い怖いとフチにしがみついていました。

 

もちろん私も…。

 

この日だけでも転んで骨折や手を切ったりと、けが人が3人も出ていたようです。

それも全て大人、安全のために手袋と帽子を必ず身に着けて下さいと何度もアナウンスがありました。

 

 

それを聞いてますます怖くなり、どうにかリンクを一周歩いたところでソリ(30分で520円)を借りることにしました。

 

 

このソリのおかげで私も娘もスイスイ滑れる感じを味わえたので、ソリがあって本当に良かったです。

 

 

30分間ソリを使って遊び、スケートの難しさを理解した娘は1時間ほどで「もういいかなぁ」ですって。

 

人も多かったし、こけるのが怖かったようで初めてのスケートは思ったよりあっさりと切り上げることになりました。

 

無料スケート教室で教えてもらいたかったのですが、対象が小学生からということ。

せめて見学だけでも、と思ったのですが始まる直前に疲れてギブアップ&お腹が空いたと言われて見学ならずでした。

 

無料スケート教室について

参加者のレベルに合わせて指導してくれるそうで、私が参加したかったです。

 

対象:小学生から大人まで

期間:毎週土日・祝日・冬休み期間

時間:11:00・14:00(1日2回)

※入場料・貸靴代が別途必要

※平成30年12月30日-平成31年1月4日は教室がお休み

 

フードコーナー・屋台

スケート場内にはフードコーナーや屋台があるので食べ物の心配はなし。

 

 

室内のフードコーナーにはうどんやラーメン・カレーなどの軽食があり、私たちはここでお昼ご飯にしました。

 

 

私は肉うどん(600円)

 

 

夫はカレー(600円)

 

 

娘は肉まん(250円)とコーンポタージュ。

 

 

その他のメニューはこちら。

 

 

売店コーナーにはニット帽・手袋などお手頃な値段のものから可愛いものまであるので、もし忘れてきても大丈夫。

 

荷物を入れておく有料ロッカー200円・無料(貴重品)ロッカーもあり、本当に気軽に行けるのがいいですね。

 

 

 

ご飯の後、スケート場を出てすぐ近くの足湯の駅えびの高原で足湯(無料)に入りました。

 

お湯がぬるめなので、上半身が風に吹かれて寒かった!

 

 

けど娘は気に入って楽しそうに足湯の中を歩き回りビショビショ。

 

やはり着替えは必須ですね。

 

 

スケート場やエコミュージアムセンターは駐車場代(500円)がかかりますが、足湯の駅えびの高原はお土産屋さんなので駐車場は無料です。

 

 

えびの高原アイススケート場の料金

営業期間 平成30年11月23日~平成31年2月24日(毎日営業)
※天候により営業期間が変更になる場合有り

営業時間 9:00~17:00(週末・年末年始は時間外あり)

 

アイススケート場 入場料】

【一般】大人1,020円・中高生820円・小学生610円

【団体】大人820円・中高生620円・小学生410円

  • 貸靴代:630円
  • 貸ソリ代:520円(30分)

※見学者は大人510円・中高生410円・小学生300円

※未就学児は入場料無料

 

 

雪や凍結もなかったのでタイヤを交換する必要もなく、宮崎市内から下道で約2時間、のんびりと行けて良かったです。

このあたりは鹿がよく出るので楽しみにしていたのですが、さすがに1月は寒かったせいか1匹も出会えず残念。

 

シーズン中にもう一回行って鹿に会いたい&今度はスケート教室を受けたいのですが、5歳には道中が長いよう。

それでも「スケート楽しかったね!」と何度も言うし私も楽しかったので、今度はお友達と行けたらいいな。

 

 

えびの高原 屋外アイススケート場

住所 880-4302 宮崎県えびの市末永1489

問合せ 0984-33-5946(シーズン中)

駐車場500円



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。