鮨と魚肴 ゆう心(ゆうしん) 青島の寿司を味わう

ここ数年、亜熱帯植物園がリニューアルオープンしたり青島ビーチパークやカフェが増えて人気急上昇中の青島。

 

そんな青島で話題になっている寿司屋「ゆう心」は、いつも多くのお客さんで賑わっています。

 

私が初めて訪れたのが今年の夏、その後秋・冬と季節によって変化するゆう心の鮨は飽きることなく感動をくれます。

 

大将の人柄も素敵で、一緒に行く人が必ず笑顔になる美味しいお寿司です。

 

青島 鮨と魚肴 ゆう心

 

宮崎市から青島方面に向かい白浜入口という信号を左折すると見えてくるピンクの看板。

 

よく目立つこの看板が見えたら左折、白浜のオートキャンプ場に向かう道の途中にお店があります。

 

 

「こんなところにお店があったかなぁ」と思いながら進んでいくと控え目な外観にピンクの暖簾。

 

 

お店の前には小さな船着き場、この景色も青島らしくて好きです。

 

 

初めて予約の電話をしたときから良い感じの雰囲気が伝わってきましたが、実際にお店に入ってみると大将の明るい声がお出迎え。

 

 

店内はカウンター席と座敷・テーブル席。

 

お店の方が「沢山の方に来てもらいたいので…」と話していた通り、子供椅子や座敷用の低い椅子も準備されていて、お店の方の優しさが伝わります。

 

 

家族で行きやすいアットホームな雰囲気でとても居心地が良いお店です。

 

ランチメニューの価格はお手頃なものからで、私はゆう心膳(3500円)を注文。

 

 

ゴーヤとクラゲの和え物と煮物など、小鉢の小さなひとつひとつが美味しい。

 

アラの炙りのお刺身はお醤油代わりに、というタレがまた絶品。

 

最後まで飲みたいので下げないで下さい!という方が結構いるそうで…もちろん私たちも。

 

 

茶わん蒸しはふわっとかおる小エビ。

 

 

青島採れのアジの炙り、私はゆう心の炙りがすごく好き!

 

 

スズキの幽庵焼き。

 

「このスズキの幽庵焼き、白ご飯と一緒に食べたい」と一緒にいた先輩。わかる!でもこのあと握りが来るから我慢。

 

 

青島採れ おぞえびの天ぷら。

 

尻尾まで余すことなく美味しく、先輩がお皿に落としたひとかけの衣も私が頂きました。

 

イカ・キハダマグロ・鯖のお寿司。

 

イカはお塩、キハダはトマト漬、鯖は炙り、とそれぞれ味が付いているのでお醤油なしで。

鯖の燻された感じがたまらないー!

 

 

キス・エビ・マグロ・卵焼・いくらとヨリエビの握り、美味しさを表現する語彙力のなさが辛いわ。

 

見た目も美しく、一口ずつ美味しさをかみしめながら。

 

 

いくら好きの娘に食べさせてあげたい!

 

 

素晴らしいお料理に「本当にこのお値段でいいんですか?」とお店の方に伺ったほど。

 

 

夜のメニューもいつか食べに行きたいなぁ。

 

帰るときも忙しい中、丁寧にご挨拶してくださった大将。

「とっても美味しかったです」と言うと「初めて褒められました!」なんてユーモアたっぷりの大将のお人柄、お寿司もお店も大満足でした!

 

 

秋のメニュー

初めて行ったのが夏。

気付けば秋になり、ゆう心のお寿司食べたいなぁと思いながら過ごす日々…。

 

という事で2回目は友達親子と子連れランチ。

 

この日は彩り膳(1500円)を注文。茶わん蒸しからも秋らしさを感じるメニュー。

 

友達の2歳の子供はお子様ずし(800円)食べやすくカット。

 

 

栗の削りが美しい、サワラの幽庵焼き。

 

 

ニベとイカの握りはお醤油に漬けず、そのままで。

宮崎ではよく聞くニベという魚、見た目からは想像できない優しい味がします。

 

子連れランチでしたが座敷や子ども椅子のおかげで私たちもとても助かり、この日も秋を感じる幸せなランチでした。

 

 

冬のゆう心

県外から私の両親が宮崎に遊びに来ていたので娘と4人で3度目のゆう心へ。

 

この日は家族それぞれ好きなものを頼み、シェアしながら頂くことにしました。

 

前回一緒に来たお友達のちびちゃんと同じく、娘のお子様ずし(800円)のカッパ巻きが美味しい!

 

普段キュウリを食べない娘が「カッパ巻きおいしいなぁ」とパクパク…美味しいものは食べるのね!

 

今回もどれも美味しかったのですが、ゆう心膳(3500円)に出てきた1ヵ月熟成させた石垣鯛の刺身は驚くほどしっとり。

 

 

私が注文したのは輝き膳(2000円)、青島採れの鯵は肉厚!

 

 

今回の焼き物に彩りを加えてくれたのはサツマイモ、ほんのり甘くてお芋の味が優しくて黄色が鮮やか。

 

 

彩り膳の海鮮丼は見た目以上のボリューム感!

 

 

海鮮丼に加えてエビと貝柱の握りが2貫付いていたので、かなり食べ応えありました!

 

 

父はおすすめ8貫(2500円)、筋子の味付けが少し甘めで九州らしさを感じます。

 

 

父が頼んだお寿司は父がポンポン口に入れていくので味見できず。

 

 

娘が狙っていたマグロですら「ワサビが入っとるからなぁ」と言いながらパクリ。じぃじよ…。

 

お寿司を食べ歩くのが趣味な両親も「美味しかった!」と笑顔でご馳走様。連れて来れて良かったー!

 

 

開店と同時の11時に予約して行ったのに、ふと気が付くと店内は満席状態。

 

いよいよ予約が取れなくなることが心配になってきますが、来年にはゆう心ディナーに行きたいな。

 

ゆう心行くため毎日を頑張ろうと思わせてくれる大好きな青島のお寿司屋さんです。

 

 

■鮨と魚肴 ゆう心(すしとさかな ゆうしん)

〒889-2162 宮崎市青島6丁目14-30

tel 0985-77-8577

営業時間など食べログでcheckする



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。