森の麻布(もりのあざぶ) 目で楽しむ蕎麦ランチ 宮崎市

転勤族の我が家は夫が蕎麦好きなので、美味しいお蕎麦があると聞けばあちこち行ったものです。

 

東北にいた時は板そばや山形の噛み応えのある肉そばにハマって山形に通い、東京でも近所に蕎麦屋がオープンしたと聞けば行ってみたり。

 

私たちは食通でもなく蕎麦に強いこだわりがあるわけでもないのですが、家族で気軽に味わえるお蕎麦屋さんがあるとやっぱり嬉しくて。

 

宮崎は蕎麦は正直ちょっとおされがちのイメージだったけど、結構お蕎麦屋さんがあることを知って食べ歩いているところです。

 

森の麻布(もりのあざぶ)

阿波岐原森林公園のすぐ側、ミヤチクの隣にある森の麻布は外にはテラス席があって、蕎麦という旗がなければ一見カフェのよう。

 

 

中に入ってみると和モダンで大人のカフェのような落ち着いた雰囲気。

 

テーブル席・カウンター・掘りごたつの座敷があり、座敷には絵本を置いてくれているので子連れにも行きやすい感じです。

 

 

メニューを見て夫が「これ、好きそうだよね」と私に勧めてくれた森の麻布そばコース1800円。

 

 

 

マメ皿に乗せてこんな風に盛り付けしたらおうち料理も美しくなるかな、と思いつつもなかなか真似はできそうにないかも。

 

 

前菜をひとつひとつ楽しんでいる間にもお蕎麦と穴子と野菜の天ぷら。

 

 

お蕎麦に柚子が練り込んである柚子そばということで、香りがとても良かったです。

 

 

 

夫が注文した鴨汁そば(1500円)は、お!鴨がいっぱい入ってるー!と嬉しそう。

 

 

森の麻布そばコースはデザート・飲み物付き。

そばのブラマンジェとマンゴージュース。ブラマンジェは蕎麦の香りがとても良かったです。

 

 

夫は食後のコーヒーにまったり。

軽く平らげて食後に蕎麦湯を頂いて鴨汁を堪能した夫、次回は大盛りにしようと言っていました。

 

 

その他のメニューは特大海老天や穴子天蕎麦、天ぷら重など1500円~1600円。

 

 

季節限定のへべすの冷かけそばやきのこそばも季節感があっていいですね。

 

 

娘を連れて行った時のお子様そばセット(800円)。きちんと出してくれるのが嬉しいです。

 

 

食事中に可愛いなと思っていた器が売っていて、小さいものは300円前後とお手頃。

 

私たちがお邪魔したお昼前の11時半にはまだ空いてたのですが12時頃になるとお客さんがどんどん入ってきてほぼ満席だったので、お昼時に行くなら予約した方がいいかもしれません。

 

 

■森の麻布(もりのあざぶ)

宮崎市新別府町前浜1401-254

tel 0985-34-9495

open 11:00-15:00 予約可

不定休

座席 51席

クレジット 利用不可

食べログをcheckする



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。