うどん処むぎ 甘めのダシがクセになる 宮崎市

宮崎といえば柔らかいコシのないうどん。

 

県外から来た人もハマることの多い、ダシのきいたやわやわうどんは無性に食べたくなる宮崎人のソウルフードですが、良い意味で宮崎っぽくないうどん屋さん「むぎ」に行ってきました。

 

 

すし貴支店 うどん処むぎ(うどんどころむぎ)

UMKとUMKハウジングパークの間の道を大淀川の方へ進んだところにある、すし貴の支店のうどん屋さん「むぎ」。

 

 

 

店内はちょっと和モダンな感じでテーブルがゆったりめに配置され、座敷があるので子連れも入りやすいお店。

 

 

ダシは九州産のイワシ・カツオ・アゴ・焼きアジ・イリコ・利尻昆布を加えた無添加素材だそう。

 

国産小麦のもちもちした弾力のある麺は香川から取りよせているということで、良い意味で宮崎っぽくないコシはここに理由があるようです。

 

メニューは九州っぽい定番を抑えつつ季節のメニューなんかも気になるところ。

 

 

子供の頃から肉うどんが好きな私ですが、この日は暑かったので炙り鴨うどん(900円)を。

 

冷製ダシがあっさりして、つるっとした細めの麺が美味しかったです。

 

 

夫はかつ丼とミニうどんのセットにして、娘にはミニうどん。

 

お肉が柔らかくて美味しかったそうです。

 

 

うどんが美味しくてペロっと食べてしまったので魚寿司を追加。

 

 

魚は日によって違うみたいでこの日は鯖寿司。

一本食べられそうなくらい美味しかったです。

 

 

 

ちなみにごぼう天うどんがお店の人気ナンバー1だそう。

 

ということで別の日、娘が幼稚園の間に一人でごぼう天うどんを食べてきました。

 

 

サックサクに揚がったごぼう天をちょっと甘めのダシに浸して食べたらふわふわで美味しい!

 

もしかしたらこの細切りごぼうなら娘でもいけるかも。

 

甘めのダシが癖になる、むぎのうどん。

 

一緒に来た時にはおいしいおいしいと食べていたし、また娘を連れてきてあげたいうどん屋さんです。

 

 

 

すし貴支店 うどん処 むぎ(うどんどころ むぎ)

宮崎市祇園2-36

tel 0985-31-8811

open 10:30-14:30 17:00-21:00

ランチタイム 11:30-14:00(LO13:30)

 

食べログをcheckする



ABOUTこの記事をかいた人

haretokenohi

夫・娘・私の3人暮らし。 転勤族の我が家、7年ぶりに大好きな宮崎に戻ってきました。 子連れ目線で食べるところ・遊ぶところ・面白いものなど楽しい宮崎生活の記録。